作詩家もどき、下尾友信(シモオトモノブ)のブログです。

パーソナルTwitter
tomofromkameもフォローしてやってください。

ブログの更新が滞ってる分までつぶやいてますwww






そんで『詩集 EGO』と『詩集 やりなおし』の2冊が新風舎より発売中です。

こちらもよろしくお願い致しますm(_ _)m



ちなみにfacebookもやってますので

よろしくお願い致しますm(_ _)m




2017年01月03日

2017年、年頭所感( ・▽・)

DSC_0259.JPG

2017年になりました。
喪中につき年賀の挨拶は失礼させて頂きますが、
今年も皆様どうぞよろしくお願い致します<(_ _)> 
SNSでは報告しそびれてましたが、
昨年10月からついに福岡市中央区内で一人暮らし始めたんです。
今年は更に日々を充実していけるよう頑張っていきます。

以下、年頭所感にお付き合いいただければw
2013年末に失意のまま佐賀の実家に戻って、
2014年は孤軍奮闘が実を結ばずさらに沈み、
2015年、ひょんなきっかけから様々な出会いがあり光が見えてきて、
2016年、ついに仕事を始めることができました。
しかも、思わぬ形で。

履歴書なしで登録できる派遣の仕事。
関西時代でもいくつか試してはみましたが、
特に仕事を紹介してはもらえませんでした。
しかも今回登録を試みたのはコールセンターへの派遣を主としてる会社。
2015年に得られた前向きな勢いを失う前になんとしても光をつなげたいと、
これまでの自分には選択できなかったアグレッシブな試みでした。

どうせ紹介してはもらえないと思ってたら2社から紹介が。
かたや3カ月短期、もう片方は長期。
仕事をやり抜く自信がまだ万全ではなかっただけに、
リハビリのつもりで短期にするべきかとは思いましたが、
長期の方も座学研修2週間、その後も研修充実と聞き、
これだけしっかり面倒見てもらえるのも貴重な機会と思い長期の方を決断。
それからずっとここまで続けてきて、
まさか遥かに遠い目標だった勤続1年達成まであと2カ月に迫れるとは。
絶対にやりたくない仕事のひとつだったコールセンターの仕事。
本当にやってみないとわからないものです。

でも正直すでに行き詰まりに苛まれています。
職場が面倒見がいいところでこれまで目を背けてこれましたが、
やっぱり僕は色々なことをひとまとめにスピーディーにこなすことには限界を感じます。
お客様と話すこと、応対することそのものには意外と苦痛を感じずむしろやりがいを感じています。
でもそれをスピーディーにこなしてCPH向上を求められることは性に合わない。
かといって効率第一生産性第一の社会の中で、
スピードが伴わずとも慎重かつ緻密で確実なパフォーマンスを追求できる仕事なんてあるのだろうか。
これまで何度も挫けてきた挫折ポイントにまたぶち当たってます。

加えて、これまでの自分の歩みが何だったのかということも突き付けられつつあります。
履歴書なしで働かせてもらえるということは、
自分の過去にフタをすることができるということでもありました。
自分がこれまで仕事にも就けないような状態であったこと、
数年前までずっと関西にいたことさえもみんな知らないし、知らせる必要もない。
そんな思いがけない環境の中で、
とにかく過去の失敗に引きずられないように新しい自分に書き換えていこうと頑張ってきたように思います。
夢を追いかける若い世代との交流の機会にも恵まれ、
年齢に負い目を感じず、
いつでも新しいことを始めようと思えばそこをスタート地点に出来るんだと頑張ってきました。
そうして少しずつ自信を取り戻し、
過去の失敗の傷も克服できてきたかと思いましたがどうやら違うようです。
過去にフタをして目を背けてきただけならちっとも克服できていません。
やっぱり自分は32歳だと胸を張れないんです。

ここまでの32年間の歩みがこうなってきたのは仕方ないこと。
どこが失敗だったのかも少しずつ振り返れるようになってきたし、
たとえ挫折という結果だったとしても、
自分がやりたいことを素直に追い求めてきた経験は貴重なものです。
新しいことを始めようと思えばそこからまた始められる。
過去の失敗も踏まえてこれからより力強く未来を切り拓こうとしている自分。
そういう自分を売り込んでいきたいのに、伸ばしていきたいのに。
やっぱり「32歳にもなってまだこんなに未熟なの? こんなこともできないの?」と思われるのがまだ怖いのです。
もう世間一般の価値観からはとっくに外れています。
世間一般の価値観の常識にとらわれずに自分の価値を見出して売り込んでいくしかない。
そう心に決めたはずなのに、未だ勝手に自ら常識にとらわれて負い目しか感じられません。

2017年、大学を卒業してから丸10年になります。
あの時新卒で就職していった人たちはもう10年就業経験を積んできたことになります。
10年もやっていれば一つの職場にとどまっている人でも転職をいくつかしている人でも相当なキャリアを積んでいます。
成功も失敗も一通り経験しつくしています。
そんな皆さんにかなうはずありません。
でも、僕も10年ちゃんと生きてはきているんですから。
自分なりに経験してきたものは沢山あるし、
そこから学んできてこれからに生かせることも数多くあるはずです。
そこからきちんと自分だからこそ出来ること、出来るようにしていけること。
しっかりと価値観を見出して確立していけば、
臆する必要なんて何もないはずです。

これから生きていくためにどう働いていきたいかということにおいて大学卒業10周年があげられるとして、
もう一方で2017年は中学入学から丸20年を迎えることになります。
小学校卒業間際にJ-POPへの傾倒が始まったことをきっかけに、
中学入学間もなく放送部に入部して、
そこから作詩に映像制作に音楽にと打ち込む日々が始まりました。
一時的な熱中に終わることなく大学卒業までその道を貫くことを模索し続け、
大学院修了してもうそれらでメシを食っていくことは無理なんだと諦めを覚えてからも、
どんな形であれ創作活動に取り組み続けることをやめることは決してありませんでした。
たしかに作詩のブログ公開は先日約2年ぶりに果たせたとブランク空きましたが、
完全に放棄してしまっていたわけではなかったんです。

この20年で創作活動を取り巻く環境は激変しました。
詩や楽曲、映像作品を発表したい、
人前で歌いたい、演奏したい、
どれも自分が実行する勇気をもって踏み出しさえすれば、
機会は容易に手に出来る時代になりました。
僕はどれにおいても素人で技術は劣りますが、
それでも20年続けてきたのだから自ずとある程度の知識とかはあります。
2015年、16年と創作活動に夢を持って打ち込む僕よりも10歳以上年下の人々との多くの出会いを通して、
改めて自分のこの20年間を見つめなおす時、
結局自分は20年間何もできてこなかったとフェードアウトしてしまうよりは、
自分なりの20年を生かして今からでも何かに挑戦したいという想いの方が勝ります。

2017年、自分の中での大きな二つの柱それぞれにとって節目の年となることを思うと、
それに対しての現状を思うと、
これまでにも増して不安だけに苛まれる年明けとなってしまいました。
でも、何とかそれらを乗り越える1年にしていきたい。
そうできればもっともっと自分を良くしていけるはずです。

正月からこんなとりとめのない長文を読んでくださった方本当にありがとうございます。
こんなことを考えている自分をこれからも温かく見守ってくだされば有り難いです。
僕も見持ってくださる皆様への感謝を忘れず、
また皆様の1年もさらに充実した良い年になっていくことを常に祈念しながら、
一歩一歩前に進んでいきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

2017年1月2日 下尾 友信
posted by ともクン at 00:02| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

第32回誕生日

2016年7月22日。
32歳の誕生日。
今日までに成し遂げたかったことやっぱり今年も達成できず。
でも今年の僕には大切に頑張りたい仕事があるから。
まずはこれだけでも頑張って、そして他にも頑張ります。
32歳初日、爽やかな青空を仰いでいる。
  • 20160722205112150.jpg
posted by ともクン at 20:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

[挨拶] 引越完了

ご報告が遅れてしまいましたが、
無事に26日、佐賀県の実家への引越を
完了できました。

色々な友達や父に手伝っていただき、
それでも徹夜作業で業者を迎えるバタバタぶりで、
忘れ物も少しだけあったりしましたが、
着くには着けました。
ご協力に心から感謝申し上げるとともに、
これからもどうか末永く仲良くしてやってください。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m

新幹線とバスを乗り継ぎ地元の駅に着いたら、
早速ヤンチャな少年達が騒いでくれてました。
金髪少年が、なんかペットボールを蹴ろうとしていたみたいなんだけど、
ちょうど前を通りかけたら、
「あ、お先にどうぞ」って譲ってくださったので、軽く会釈。

なんか幸先いいー( ̄▽ ̄;)

そして未だに荷物整理完了できてません。
作業中・・・( ̄▽ ̄;)
posted by ともクン at 16:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする